悩みを一人で抱えずに|PMS症状はストレス緩和が大事です

ウーマン

誰にでも訪れる

栄養剤

原因はホルモンの減少

年を重ねるとともに身体に様々症状があらわれてきます。これらの症状は加齢によるもので避けて通ることは出来ません。そして症状によっては日常生活に支障をきたしてしまうこともあるため治療が必要な場合があります。特に気を付けなければならないのが更年期による身体にあらわれる不調の更年期障害です。更年期障害は女性のみならず男性にもおこり、女性の場合は閉経を挟んだ前後10年で閉経の平均が50歳と言われているので45歳〜55歳、男性の場合は40代後半〜60代に症状があらわれやすくなります。更年期障害が起こる原因としては女性は女性ホルモンのエストロゲン、男性は男性ホルモンのテストステロンが急激に減少することによっておこります。

治療と予防

更年期障害の症状は動悸や多汗やのぼせ、冷え性といった感覚の以上があります。また、めまいやイライラ、倦怠感など特有のだるさのような感覚も感じてしまうでしょう。その他に女性特有の症状に月経異常、男性特有の症状にEDなどがあります。これらの症状は個人差が大きく日常生活に支障をきたしてしまう場合は治療が必要となります。治療法は減少してしまったホルモンを内服薬や注射によって補う方法が中心となります。その他にも治療をするほどでもない症状や予防としてサプリメントの摂取が有効です。具体的にどのようなサプリメントが良いのかというと女性は大豆イソフラボンやザクロ、男性は亜鉛やマカなどが効果的です。大豆イソフラボンやザクロ、亜鉛などの成分は食品から摂取することも可能ですが、効率よく摂取するにはサプリメントがオススメです。そしてこれらのサプリメントはドラッグストアや通信販売で購入出来るので手軽に対策が取れます。